ぱにゅまにゅcatus塾

我が愛猫のレイール(レイ)とソルテ(チビ)のことを絡めながら、猫のことを多角的に捉えて考えていこう!

警察犬や介助犬のように職業がない猫がどうやって人間社会に入り込んだ?

猫といえば、今では犬とならんでペットの代表格ですよね。(ペットという呼び方はしたくないですが)

f:id:hamuhamu18:20200103175342j:plain
ちなみに犬と猫って、数で比べると猫は犬の3倍の数が世界中にいます。


でも犬と猫って、性格も含めて全然違いますよね。

犬は人間に従順で、その能力を活かして警察犬や介助犬など、あらゆる場面で大活躍しています。


それでは猫はどうでしょう❓️

猫は人間に従順ではなく、自由な生き物なので、警察猫とか介助猫みたいなものは存在しないですよね❓️


それなのになぜ、ここまで人間社会に入り込んで来たのでしょうか❓️


ちなみに犬や猫以外にも、人間社会に入り込んできた動物って色々いますよね。


牛や豚、羊、ヤギなど色々いますが、基本的には実用的な目的がありました。
家畜化して肉やミルクを頂くという目的が。


そのお陰で私たちは日々当たり前にお肉を食べることができ、牛乳を飲むことができ、牛乳を使う料理を食べることができています。

f:id:hamuhamu18:20200103175634p:plain
もしこの世の中から肉や牛乳が無くなったら、あらゆるものが消えます。


それは食べ物飲み物という領域だけでなく、あらゆるビジネスも消え、世の中は一変するでしょう。

例えば、焼肉が食べられない=焼肉屋は消える=焼肉に関わるビジネスは消える…

 

こんな美味しそうなお肉を頂くことはできないんです❗️

犬は人間に従順ですし、ペットとしてだけではなく、先ほど述べたように警察犬や介助犬のように役立っています。


猫はといえば、主な仕事はネズミを狩ることです。

f:id:hamuhamu18:20200103175833p:plain
ネズミを駆除するために人間社会に入ってきました。


猫が人間社会に入り込んでにたのはおよそ1万年前。


でも今はネズミを狩るために猫と暮らしている人っていないのではないでしょうか❓️

今はイエネコとして、ペットとして、家族として人間と共に暮らしていますよね❓️


猫は犬や他の動物たちのように何か仕事をしているわけではありません。


それでもペットブームも相まって、日本だけでなく世界中で猫は人間と共に暮らしています。


今の猫の仕事は人間を癒すことなのかもしれません。

 

 

にほんブログ村 猫ブログへ