ぱにゅまにゅcatus塾

我が愛猫のレイール(レイ)とソルテ(チビ)のことを絡めながら、猫のことを多角的に捉え、仕事から恋愛まで、人生に役立てていこう!+ペットブームの裏側も意識して殺処分を減らそう!というブログです。

一体、何人の人間が玄関の前を素通りしたのだろう?

 ~踏み出す勇気~

 

とある職場の玄関。

そこに一匹の子猫が座り込んでいた。

親猫とはぐれたのか、それとも捨てられたのか❓️

痩せ細り、鳴き声をあげることすらできない。

今にも命の灯火が消えそうな危険な状態だ。

 f:id:hamuhamu18:20200101202304j:plain

 

そこに一人の男性が。

この職場の社員だ。

子猫を助けるのか❓️と思いきやスルー。

次に一人の女性社員が。

今度こそ助けるか❓️と思いきやまたスルー。

その後も何人かがその子猫が座り込む玄関を通ったのだが、皆スルー。

何故だろう。

 

次に一人の女性が現れた。

彼女は真っ先に子猫に近付き、様子を見た。

危険な状態だと判断した彼女は仕事を休み、そのまま動物病院へ連れていった。


あと一歩遅ければ助かりませんでした」獣医師にそう告げられた。

「よかった、間に合って…」彼女は心からそう思った。


治療を終え、彼女は自宅へその子猫を連れて帰った。

家族も皆、動物が大好きということに加え、保健所から犬を引き取ったり捨て猫を連れて帰ってきたりしていたため、喜んでその子猫を受け入れた。

 

だが、彼女の家には既に先住猫がいる。

f:id:hamuhamu18:20200105191057j:plain

 

猫は縄張り意識が強いため、いきなりこの二匹を対面させるわけにはいかなかった。

そのため、時間をかけて慣れさせた。臭いを嗅がせ、少しずつ。

 

慣れさせる間は少しずつ食事を与え、痩せ細った身体を健康的にさせることに努めた。

初めは元気がなかった子猫も少しずつ元気を取り戻し、身体に肉が付き始め、元気な声が出るようになった。


子猫が来て二週間くらい経ってから先住猫と対面させた。

 

最初はどうなるかと思ったが、すぐに仲良くなり、追いかけっこをしたりしていた。

f:id:hamuhamu18:20200105191217j:plain


あれから2年。すくすく成長し、今では立派な成猫になった。

 

f:id:hamuhamu18:20200105191324j:plain


あの時、玄関に子猫が座り込んでいた光景を何人かは目にしていた

 

だが、皆スルーした。

 

スルーした人たちはきっと心の中で可哀想」「助けたい」「でもこれから仕事だしな」などと思っていたかもしれない。

 

でも助けた女性はあれこれ考えることなく、真っ先に動いた

 

その子猫を心配し、助けたいという思いを即行動に移した。


心の中で思うのと、一歩踏み出して行動に移すのとでは雲泥の差がある。

 

いくら心の中で助けたいと思っていてもその子猫は助からない


女性の勇気ある行動でこの子猫を助けることはできた。

 

だが、世の中には安易に犬猫を捨てる人がいる。

 

もしあなたが捨てられる犬猫の立場だったらどう思うだろう?

考えたことがあるだろうか?


ペットショップで売れ残った犬猫も殺される。

 

その犬猫の気持ちを考えたことがあるだろうか?

 

このペットブームで人間の身勝手でたくさんの犬猫が生産され、売れなければ殺される。


どう思うだろう?


保健所で殺される時、安楽死ではなく毒殺の手法がとられる。

 

人間の身勝手で苦しみながら死ぬ犬猫をあなたはどう思う?

 

今一度深く考えてほしい。


もし、捨てられた犬猫が人間の言葉を話せたならこう言うだろう。


私はお前を許さない

 

 

にほんブログ村 猫ブログへ